ながれほしの路

高円寺・ながれほしの路のおしらせブログです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「ながれほしの路とオテガミ展、オクリモノ展」 スペシャルインタビュウ vol.01  

株式会社ALL RIGHT 高田舞さんに聞く

みなさま
ながれほしの路のHPをごらんいただきありがとうございます。
私たちは、東京、高円寺にあります、ながれほしの路にある小さなお店の店主たちです。
メインの商店街から、少し脇道に入ると、小さいながらもそれぞれの個性を大切にしながら頑張っているお店がギュッと集まっています。
今回は、その中の4店舗が主体となって企画した「ながれほしの路とオテガミ展・オクリモノ展」について
その案内状、フライヤーなどイベントの重要なツールの制作に大変ご協力いただいた、
株式会社ALL RIGHTの高田舞さんへのインタビュウを、イベントの開催のごあいさつとともに掲載させていただきます。
どうぞよろしくお願いします。そしてご興味のわいたみなさま、ぜひ高円寺、ながれほしの路に遊びに来てください。
ながれほしの路、お店すべてがみなさまをおまちしています。

写真web用01

聞き手(敬省略)
な:ながれほし企画(えほんやるすばんばんするかいしゃ/荒木、IONIO&ETNA/狩野、イソヤマ堂/中澤、Gallery cafe 3 東村)


お話し
オ:株式会社ALL RIGHT (オールライト)/高田舞氏

写真web用04

会社略歴

グラフィックデザイン:ALL RIGHT GRAPHICS

2006年、高田修地、高田舞、高田唯の3人でデザイン事務所「ALL RIGHT GRAPHICS」を発足。
2007年、デザインの視点から活版印刷の可能性を探る「オールライト工房」をスタート。
同年、高田唯が「PAPIER LABO.」に参加。
2009年、株式会社ALL RIGHTとして、デザイン部門「ALL RIGHT GRAPHICS」、活版部門「オールライト工房」の2つの柱を中心に再スタート。

デザイナーとして市川智美、上田真未が参加。

また同年より、印刷のおも しろさや可能性を考える「印刷のいろは」展を、毎年テーマを変えて開催している(共催:株式会社金羊社)。

2013年は2月開催予定。


共著に『紙と活版印刷とデザインのこと』(PAPIER LABO./2010年 PIE BOOKS)、

『デザインのひきだし』(グラフィック社)にて「活版六尺」をオールライト工房として連載。

www.allrightgraphics.com

デザインの本質をみつめ、コミュミケーションを大切にする丁寧な仕事で、様々な分野で高い評価を得ている、これからの仕事がいつも楽しみな会社です。
今回のながれほしの路の案内状、フライヤーはオールライトグラフィックス監修のもと、デザイナー/はちさんのご協力で制作されました。
また、株式会社ALL RIGHTの活版部門「オールライト工房」の活版印刷機をつかって作成いただいています。

インタビュウテーマ
株式会社ALL RIGHTとながれほしの路の各店(各店主)とのつながりについて

な:ながれほしの路を応援してくださるきっかけ、ポイントは何でしたか?

オ:もともとGallery cafe 3店主(東村)とは、交友関係がありましたが、以前から狩野さん
  (IONIO&ETNA店主)の画に興味があり、展示を見たことがきっかけとなり、ながれほしの路の各店に
  関わりを持つようになりました。
  それぞれの、お店の雰囲気、店主のみなさんの人柄などもとてもいいな、と思っていて。
  そんな中、「イロニワ展 2012/3月」への協力のご依頼をいただき、嬉しい気持ちでした。
  その時に提案されていた、「人が各店を回遊する仕掛け」を考えることが面白いと思えたのです。
  ながれほしの路という場所に対して各店(店主たち)の考えている規模(サイズ)にとても共感出来た
  のです。
  オールライトの仕事の進め方=「まわりの人々とのつながりをコツコツと広めながら、より良い仕事を
  めざす」という姿勢がながれほしの路の店主たちが考える、自分たちの良い面を活かしつつ、それに反
  応してくれる人々を呼び、つながりをつくりたい、という考えに共感することになったのだと思いま
  す。だから、ながれほしの路にある「思い」を助けたいと思ったのです。
  ながれほしの路の店同士の関係にも好感をもっていましたし、自分の身の丈に合った(まっとうな)や
  り方で工夫してみるというのが、オールライトの基本的な考え方なので、何か通じるモノを感じまし
  た。見栄をはらず、素直に相談をもちかけてくれたのも嬉しかったですね。

な:ありがとうございます。

写真web用03
写真中央が高田舞さん、左が高田唯さん、右は市川智美さん

お話はこれから、デザインのこと、印刷のこと、さらに、オールライトに最近できた「分室」についてと、どんどん続きます。
わたしたち「ながれほしの路」と様々なつながりについて今後レポートしてゆきたいと思っています。
ながれほしの路にいらっしゃる前に、または、路を体験した後にもぜひ読んでください。みなさまの暮らしに何かすこしでも良いものをお届け出来るように、ながれほしの路一同、こつこつとやってゆきます。どうぞよろしくおねがいします。

Gallery cafe 3
東村記人
スポンサーサイト

category: インタビュー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagare4c.blog.fc2.com/tb.php/18-d573a5f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。