ながれほしの路

高円寺・ながれほしの路のおしらせブログです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「ながれほしの路とオテガミ展、オクリモノ展」 スペシャルインタビュウ vol.02  

デザインについてお聞きしました。
お話は引き続き高田舞さんです。

今回ながれほしのイベントDMを担当してくださったのはデザイナーのはちさん。
桑沢デザイン研究所に在籍中の学生さんでもあります。
オールライトさんのインターンという形で、打合せの段階から参加してくださいました。


はち (hachi)
1992.11.24 岡山県生まれ 東京在住
主に絵、グラフィックデザインなどで活動中。
http://hachinote.com/
最近は一日一枚ドローイングをアップしています。
http://hachinote.tumblr.com/



な:今回DMをデザインしてくださったのは、はちさんでしたが、
  インターン制度のようなものは積極的に取り入れているんですか?

オ:そうですね。今までも、現在ウチで働いているスタッフがまだ学生だった時から
  カメラマンとして仕事をしてもらったり。若かろうがなんだろうが良い人とは
  一緒にやろうということでやってるだけなんですけど。

オ:特に、若くて才能があっても経験がないとなかなか大きい仕事ってできないけれど、
  良いモノは良いということと、そういう人たちを世に出さないと全体も良くなっていかないので、
  そこは積極的にやってますね。

な:素晴らしいですね。

オ:“今"しかたぶんそれがないんですよね。“今"その才能を使わないと。
  また変わっていっちゃうじゃないですか、作風って。若ければ若いほど。
  違うアイデアとかエッセンスが加わらないと、こっちも広がっていかないですよね。

な:そうですね。

オ:そこはお互いにとって良いことかなと思って。

な:では今回のDMについて。オテガミ展のDMは封筒を使っていますが、
  これはなぜそうなったんですか?

20121219.jpg


オ:はちやみんなとアイデア出しした時に、封筒でやったらおもしろいんじゃないか?
  という案が出て。それなら窓つきにしたほうがいいよね、という風にどんどん決まっていきました。
  いつもそんな風に決まっていきます。1案しか出さないことも多いですかね。

オ:なんか、ぱっと降りてくるんですよ。誰が案を出したとかわからなくなることもあって。
  ただ、アイデアが出てからが大変なんですよね。せっかくいい案が出ても落とし込みを
  失敗しちゃうとイマイチなので。

な:落とし込みのコツみたいなものはありますか?

オ:コツは相手が何を求めているかで全然違いますね。
  今回でいうとイベントのお知らせなので、色々な場所に置かれることを考えて
  あれ自体で成立してないといけないし。目立たないとダメだし、なんだろう?と
  手に取ってもらうようなモノじゃないとダメだなと。

な:はちさんが今回デザインするにあたって心がけていたのはどこだと思いますか?

オ:えーと、一生懸命話をきいて、それなりに掴んでいたとは思うんですけど。
  割ときちんと綺麗にやっちゃうので、そこを崩して、とは言いましたね。

な:綺麗になりすぎちゃうってことですか?

オ:そうですね。どこを目立たせて、どこに動きをつけるか、読ませる順番を
  デザインして作っていって、というふうにお願いしました。

オ:いっぱい案を出してきてくれて、これのココとこれのココを組み合わせて、
  というふうにできていきました。最後まで粘って出してきてくれましたね。

な:ありがとうございます。では最後に。オールライトさんは、何に一番重きを置いて
  デザインに取り組まれていますか?

オ:とにかく相手からどう引っぱり出すか、ですかね。だいたいデザインって
  こちら側の問題じゃないんですよ。相手がどうして欲しいかをヒアリングしないと、
  何も形が降りてこないので。そこをいかに引っ張り出す技術を身につけるか、というのが
  デザインの大事なところのひとつかなと思います。

な:話し合いがとても重要なんですね。

オ:そうですね。なるべく話し合いを持って、色々なあり方、考え方を提案をしていきたいですね。
  相手はこうしたいって言ってるけど、きっとやりたいのはココだろうから、
  こういった表し方もありますよ?というような。メールでオーダーだけ受けるというよりは、
  直接会って話を聞かないとな、と思います。

な:ありがとうございました!


今回の封筒DM、ほんとうにたくさんの方からご好評をいただきました。
窓の部分に何をどう見せるか、4店舗それぞれがオリジナルカスタムできる所も
このDMの面白いところなのです。



201212191.jpg

お次は印刷のお話。
こちらもとても興味深い内容になっていますのでどうぞお楽しみに。


イソヤマ堂
中澤洋美
スポンサーサイト

category: インタビュー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nagare4c.blog.fc2.com/tb.php/19-3c338fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。